足立区花畑と埼玉県草加市の都県境毛長川をつなぐ「大鷲さくら橋」開通

公開日:

カテゴリー: 地域情報

花畑大鷲神社西側の毛長川に12月15日、大鷲さくら橋(おおとりさくらばし)が開通しました。

東京都足立区花畑~埼玉県草加市瀬崎の間に流れる毛長川に架かる34.9mの橋。この場所には人道橋がありましたが、車両は通行できませんでした。このため、周辺地域の交通利便性の向上などを目的として、車両も通行可能な橋として2015年度から整備を進めてきたもので、2019年3月に片側の歩道を開通したのに続き、2020年12月15日正午に、車道部を含めて全面開放しました。

橋梁名は足立区が公募した名前から選考。足立区花畑地区内の「大鷲神社」と、以前の人道橋名である「さくらはし」に由来します。

毛長川には、2022年に足立区花畑五丁目と草加市瀬崎四丁目を結ぶ新しい人道橋も整備される予定で、2021年に開設予定の文教大学への通学や、足立区民と草加市民の交通アクセスの利便性が高まります。
この新しい橋の名称を募集したところ、252件の応募があり、その中から6つの名称が候補に選定され、橋の名称候補への投票を12月21日から2021年1月29日まで受け付けます。
詳しくは、足立区のホームページでご覧ください

TEL
電話で相談
メールで相談