家の売却をご検討中の方必見!ローンが残っている家を売る方法について解説!

公開日:

カテゴリー: 不動産お役立ち情報

「ローンが残っている家を売るときの方法について知りたい」
このようにお考えの方は少なくありません。
ローンが残っている場合、その家を売るときに注意すべきポイントも確認しておきたいですよね。
そこで今回は、ローンが残っている家を売却するときの方法とポイントについてご紹介します。
 

□ローンが残っている家を売却するときの方法とは?

 
ローンが残っている家を売却するときの方法についてご紹介します。
今回は、売却額よりも住宅ローン残債の方が低い、アンダーローンの場合に着目します。
 
アンダーローンであれば、仲介による通常の売却が行えます。
仲介による売却は、高く売りやすい方法です。
売却の流れとしては、まず売却の準備を行ってから家の査定を依頼します。
そして、媒介契約を結び、販売活動を開始します。
 
販売活動開始から買主と売買契約を結ぶまでには、一般的に約3か月かかります。
売買契約を結んだ後、買主は住宅ローンの本審査を通すため、この契約から約1か月空けて引き渡しを行うことが多いです。
最後に、確定申告も忘れずに行いましょう。
 

□ローンが残っている家を売却するときのポイントとは?

 
ここでは、ローンが残っている家を売却する際のポイントについてご紹介します。
 
ローンが残っている場合は、家にかかるコストを下げるために、そこに住みながらローンを返済し続けて売却することがおすすめです。
買い替え等によって新しい購入物件でローンを組む場合、先に購入を行うと売却物件と購入物件でローンが二重に発生してしまいます。
二重ローンを防ぐには、先に売却して後から購入する「売り先行」という方法を選択しましょう。
なお、現在の家に住みながら売却を行う方法は、売り先行に含まれます。
 
この方法を採用すれば、二重ローンに困らないだけでなく、物件が売れない中で新たな家賃を払わなければならないことも避けられます。
さらに、買主をじっくり選べるので、希望の金額で売れる可能性もあります。
しかし、買主の内覧に対応しなければならず、その都度スケジュールの確保やきれいに見せるための掃除が必要になるため、手間がかかってしまうことには注意しましょう。
 

□まとめ

 
本記事では、ローンが残っている家を売却するときの方法とポイントについて解説しました。
今回紹介したことを参考に、売りたい家にローンが残っている方もうまく売却を進めていってくださいね。
足立区、埼玉県川口市、草加市周辺でローンが残っている家を売ることをお考えであれば、ぜひ当社にご連絡ください。
TEL
電話で相談
メールで相談