土地を高く売る方法は?コツを解説します!

公開日:

カテゴリー: 不動産お役立ち情報

土地の売却をお考えの方の中には「土地を高く売る方法が分からない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。
そこで、土地を高く売る方法や売る際にかかる税金について解説します。
足立区、埼玉県川口市、草加市周辺で土地を売却することを検討している方は必見です。

□土地を高く売るための方法を解説!

土地を高く売るためには以下の点を意識しましょう。

・値下げを見越して1割加算した価格で売り出す
・古屋付きで土地を売る
・実勢価格の相場が高い時期に売る

1つずつ詳しく解説していきます。

1つ目は、値下げ交渉されることを見越してから価格を決めることです。
土地の購入希望者から値下げ交渉された際に、成約価格が売り出し価格よりも安く取引される可能性があります。
ある調査によると、首都圏の土地の売り出し価格と実際の成約価格を比較すると、最終的に一割ほど値下げしているそうです。
そのため、相場の価格から一割ほど加算した価格で売り出すと良いでしょう。

2つ目は、古屋付きで土地を売ることです。
買主が更地を購入する場合は住宅ローンが受けられませんが、古屋付きだと住宅ローンの融資を受けられるので高値で購入しやすくなります。
また古屋を取り壊すのにもお金がかかるので、そのまま売り出した方が出費も抑えられます。
このように古屋付きで売り出すことで多くのメリットを享受できるので、そのまま売却するのもおすすめです。

3つ目は、実勢価格の相場が高いときに売ることです。
土地が値上がりしているタイミングを見計らうことで、高く売却できる可能性が高まります。
ちなみに、値上がりする時期は、実勢価格という土地が実際に売れた価格から判断できます。
この実勢価格を見ていくと土地が高く売れている時期を見つけられるので、ぜひ試してみてください。

□土地売却にかかる税金を解説!

土地にかかわらず不動産は購入時だけでなく売却時にも税金が発生します。
ここからは土地売却にかかる主な税金の種類について解説しましょう。

1つ目は、印紙税です。
これは契約書を取り交わす際に払う税金です。
契約書に収入印紙を添付することで納税できます。

2つ目は、譲渡所得税です。
土地を売却して利益が出た際に支払う税金のことです。
土地を購入したときにかかった費用の合計よりも、売却したお金から諸経費を引いた額が高くなった場合、支払いが必要です。

3つ目は、仲介手数料です。
不動産会社を通して土地を売却した場合に支払う税金のことです。
売買が決まったら発生するので、土地が売れなかったら仲介手数料を支払う必要はありません。

□まとめ

この記事では土地を高く売る方法について解説しました。
疑問点やお悩みが解消されたのなら幸いです。
当社は地域に特化した不動産屋で、現在売却物件を大募集しております。
何か疑問点等ございましたらお気軽にご相談ください。

TEL
電話で相談
メールで相談