自宅の売却をご検討中の方へ!家を売る方法と気をつけたいポイントをご紹介します!

公開日:

カテゴリー: 不動産お役立ち情報

「家を売る方法について知りたい」
このようにお考えの方は多くいらっしゃいます。
しかし、いざ家を売ろうと思ってもどのように進めていけば良いのかわからない方も多いですよね。
そこで今回は、家を売る手順と売る際のポイントについてご紹介します。
 

□家を売る手順とは?

 
ここでは、家を売る手順について段階を分けてご紹介します。
 
1段階目では、売る家の相場を調べることです。
不動産会社に正確な価格の査定を依頼しますが、大体の相場を把握しておくことで悪質な会社に付け込まれるリスクを低減できます。
 
2段階目では、不動産会社に査定を依頼し、媒介契約を結びます。
査定については、簡易査定の後に訪問査定が行われます。
媒介契約には3つの種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあるため、そのときの状況に合わせて最適なものを選択しましょう。
 
3段階目では、売り方の戦略を考えます。
希望通りの条件で家を売るために、自分の要望を営業担当者にしっかり伝えましょう。
 
4段階目では、不動産会社が販促活動をします。
チラシやインターネットなどで物件を売り出し、購入したい人を探していきます。
内覧を希望する人が現れた場合、売主と不動産会社が立ち会う中で内覧を行いましょう。
そして、購入したいという人が出てきたら、その人と売買条件について交渉してください。
 
5段階目では、売買契約を結びます。
条件交渉の折り合いがついた後、この契約を締結します。
売買契約書は、買主と売主が合意した内容をもとにして、不動産会社によってつくられます。
契約を結ぶ日よりも前に、契約書の草案をしっかり確認しておいてくださいね。
 
6段階目では、決済、引き渡しを行います。
売主に買主が代金を支払って、売主から買主へ所有権の移転登記申請を行った後、物件を引き渡します。
また、家を売ることで利益が出た場合、その利益に対して住民税や所得税が課税されるため、確定申告が必要であることを忘れないでくださいね。
 
 

□家を売る際のポイントとは?

 
ここでは、家を売る際のポイントについてご紹介します。
 
1つ目は、売出価格を適正な価格にすることです。
高すぎると売れるまでに時間がかかる一方、安すぎると訳あり物件かもしれないと思わせる可能性があります。
売却相場をよく知ってから適正価格にすることで重要です。
ただし、不動産売買では値引きを希望されることもあるため、最初は少し高めに設定しておけば損をせずに済むかもしれません。
 
2つ目は、リフォームしないことです。
中古住宅の多くはリフォームしないまま売られているため、リフォームにお金をかける必要はありません。
最近では、中古住宅を買ってから自分好みにリフォームする方も多いため、まずはそのまま売り出してみましょう。
 

□まとめ

 
本記事では、家を売る方法と売る際のポイントについて解説しました。
今回紹介したことを参考に、自分の家を売ってみてくださいね。
足立区、埼玉県川口市、草加市周辺で家の売却をお考えの方は、いつでも当社にご相談ください。
TEL
電話で相談
メールで相談